FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※私はバストアップする為に、より確度の高いバストアップ方法を、
  ここでお伝えしたいなーっと、本気で思っています(笑)

  ということで、アンケートご協力お願いしますね♪
  >>あなたの現在の体形を教えてくださーい!



バストアップにも欠かせない成長ホルモンは、眠っている間に分泌されます。
>> 1)成長ホルモン分泌の促進
>> 2)成長ホルモン分泌の促進
>> 3)成長ホルモン分泌の促進
>> 【裏技】成長ホルモン分泌量アップ!


そんなバストアップにとっても、とっても大切な睡眠。


なのに、疲れや不規則な生活習慣が原因で、
良質な睡眠をできていない人が多いのではないでしょうか?


これは、本当に勿体ないことです。



なかなか寝付けなかったり、ようやく眠れても浅い睡眠のため、
朝には疲れが取れずに顔がむくんでいる…
なんて経験のある人もきっといるはず。

で、質の高い睡眠のとり方は、以前にもずっと書いてきているので
ここでは割愛しますが、


多くの人が、ある事を軽視してしまっているがために、
良質の睡眠を逃してしまっています。

ある事とは、何だと思いますか?

バストアップ ranking







































日常デスクワークが多い人や、パソコンに向かっている時間が長い人などは、
首や肩が常に緊張状態にあり、こっている人が多いです。



「肩凝りが日常だから…」なんて言ってケアを怠っていると、
症状はどんどん重くなるばかりです。


考えてみてください。


肩が凝ったままということは、筋肉もずっと縮み続けているという事です。


そうなると、血行が悪くなりバストへの栄養も滞ってしまいます。
詳しくは⇒【総集編】血流とバストアップの関係


また、顔のくすみや肌荒れ、冷え性などの原因
にもなるので、しっかりと気をつけていきたい部分。



寝る前にできる簡単なボディケアの方法を紹介します


まずは「顔のむくみ」解消のマッサージです。


凝っている首や肩の凝りや疲れをマッサージで解消しましょうネ



まずバストの外側を8の字を描くようにマッサージします。

片手の指先の腹で、あまり力を入れずに軽くして下さいネ♪

そうですね。大体、5周程度8の字を描きましょう。



そして、両方の手を使い、首を下から上にさすります。
両手交互に行うことがポイント。


これはだいたい10回くらいが目安ですね。



次は手をグーに握って、親指以外の指の第二関節のとがった部分を使います。

そして鎖骨の少し下の部分を中心から腕の付け根に向かってマッサージします。


これも片側10回ずつです。


最後に、親指以外の指を使って、
耳の後ろ、首筋、肩をなでおろすようにマッサージしましょう。


たった5分程度でできますし、ベッドの上でも出来る方法です。
翌朝、顔のラインやむくみはとれています♪



肩こりもいっしょ。

寝る前に、ちゃんとケアして血行を良くしてあげると、
リラックスして、質の高い睡眠を得やすいし、寝入りばなも快適です。


そうなると、成長ホルモンが分泌されやすくなるんですねー


なんだか、眠るのが楽しくなっていきませんか?



※バストアップの要 「女性ホルモン」が分泌される状況を作るためには、
食生活など、『内からの刺激』と
マッサージなど『外からの刺激』
の両面からのアプローチが必要です。

しっかりと体質改善を図っていきましょうね
>>オススメ バストケア



※次回メルマガ!今日20日に配信予定です!
バックナンバーは公開していないのでお早めに♪
登録がまだの方は↓から
メルマガ購読・解除ID: 1002330
バストモデルの裏技バストアップマガジン
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ




※私はバストアップする為に、より確度の高いバストアップ方法を、
  ここでお伝えしたいなーっと、本気で思っています(笑)

  ということで、アンケートご協力お願いしますね♪
  >>あなたの現在の体形を教えてくださーい!



★皆さまの温かい応援のおかげで
日本一のバストアップブログ継続中です。 
参考になった!って、ちょっとでも、思っていただけたら
応援ポチっとしてやってくださいな “o(><)o”


      
  
今日も応援2つ ありがとう♪(*^・^)ノ



ブログパーツ

先日、お友達のブログを見ていて、そーだよなーって共感していました。
ranking


「ダイエット」と「痩せる」って事は違うっていうお話だったんですけど、

特に高校生くらいの若い時って「ダイエット」には、過剰に反応してしまいます。



すぐに体重を落としたいとか、誰だってやっぱり、早く結果が欲しい。

気持ちはわかりますよね。



でも、ダイエットは、本来「食事療法」という意味が強い言葉だったんだそうです。


それが、いつの間にか「痩せる」って意味で使われ出して、
今みたいに、「簡単に痩せれる方法」にみんな飛びついちゃうみたいですね。


私はダイエットに関して、特に詳しい知識を持っているわけでは
ないですけど、それでも、

目の前の数字に踊らされて、一日一食を実践する女子高生が居たり
偏った食事をとってダイエットをしているつもりの、若い女の子を見ると、
それはやめといた方がいいよ!

と言いたくなります。

バストアップ ranking






































確かに私が高校生の時にも、友達にそんな子はたくさんいました。


私はやせ型だったため、ダイエットにはあまり縁がありませんでしたが、
手っ取り早く体重を落とすには、食べないのが一番ですよね。



ブログ友達の言葉を借りると、それは「痩せる」であって「ダイエット」では
ないって事ですよね。



食べなければ、体重は落ちるのでしょう。でも、失うモノが大きすぎます。



一番体が成長する成長期に、体にそんな仕打ちをするなんて…。


絶対に後で後悔すると思うんですけどねー。


無理なダイエットで生理がとまってしまったという話は、
珍しいものではありませんよね。



生理が止まると、ホルモンバランスは崩れます。

というか、ホルモンバランスが崩れているから生理不順が起きたり
生理が止まったりするんですけど。

そうなると、バストの成長は望めません。



また更年期障害が若い時期に訪れるそうです。


更年期障害は、私達が年を取れば、必ずやってくる症状。



若いうちに更年期障害になれば、ひどく長い期間その症状に苦し
まなければいけませんよね。



十代のうちの生理が止まる程の不摂生は、自分の首を絞めて
老化を早めるだけなので、今すぐ正してほしいと思います。


バストアップに欠かせないのは、何より規則正しい生活です。
体は正直なので、すぐに反応しますよ。



老化を治す薬はありません。



ダイエットとバストアップって、相反するように思いがちなのですが、
違うんですよね。


根本は変わらないのです。



代謝をよくすることで、脂肪は燃焼しますし、女性ホルモンの分泌も
バランスもよくなる。


女性ホルモンのバランスが整うと、カラダが女性らしく自然になろうと
するわけです。


基本は「健康体」なんですよね♪

>>オススメ バストアップ方法






★皆さまの温かい応援のおかげで
日本一のバストアップブログ継続中です。 “o(><)o”


      
  
今日も応援2つ ありがとう♪(*^・^)ノ



ブログパーツ
美しくバストアップ→美乳
ランキングに参加しました♪ >>Ranking 



こんにちは。さくらです。

これから夏に向けてダイエットやバストアップをしようと考えている人は多いと思います。

ダイエットをする上で、その「結果」の目安となるのが「体重」ですよね。

バストアップで言えば「トップバストサイズ」です。


ダイエット中に体重が増えれば「落胆」し、1kgでも減れば「歓喜」。

バストアップ中にサイズダウンすると「落胆」し、1cm増えると「歓喜」。


つくづく、ダイエットとバストアップって、似てるな~って思います。


気持ちはわかります。


人は、自分が何かに努力していたとして、その結果を数字によって判断しようとしてしまいます。

それは、数字に表れると、とてもわかりやすいためです。

1000円儲かった、1000円損した。


1kg減った。


1cm増えた。


分かりやすいですよね~。


でも、

バストアップ
































たぶん、あなたの周りの人たちは、それに気づいてくれません(笑)

あなたの体重が1kg増えようが、減ろうが、

あなたのバストが1cm増えようが、減ろうが、

悲しいかな、気づきません。



それは、あなたのヌードを目の当たりにしているパートナーとて
同じです。


もちろん、周りの普通の関係の人に比べれば気づきやすいにしても、
それでも、数字に表れる小さな変化に気づいてはくれません。



もちろん、数字が表わす変化は、良くも悪くもあなたの体形の変化を
形にはしてくれます。目には見えないかもしれませんが・・・・。


例えば、100kgの人が20kg減量したというように、
数字も視覚的にも変化がわかるのであれば、別ですが、

2kgや3kg、2cmや3cmというように、わずかな変化で一喜一憂するのは
私はやめた方がいいと思います。


それが、自分の願う方向にいっていればいいです。


体重が減ったとか、バストサイズが上がったとか。



でも、逆に出た場合はどうでしょうか?



体重を測ると減っているはずなのに、逆に増えていた。

バストを測ると大きくなっているはずなのに、逆に小さくなっていた。



そんな時どう思いますか?




落ち込みますか?


もういいや!って開き直りますか?


がんばろう!って気合いが入りますか?




数字は、それだけを顕著にあらわしてくれます。

その計測した部分だけを捉えて、そして、それを表してくれます。

それ故に、とってもわかりやすい。


もし、その数字が、自分の望みに叶った方向に働いてくれればいいのですが、
逆に悪い方向に働いてしまうと、マイナスの考えしか生まれなくなります。


「あれだけ、一生懸命がんばったのに・・・」

「あんな高いサプリを飲んでるのに・・・」


マイナスがマイナスを生んで、更に大きな「負」を作り出します。

それだけの覚悟があるのなら、数字を目安にすればいいと思います。



でも、自信がない人は、それを目安にすべきではありません。



あまりに極端でなければ、数字なんて関係ないからです。


要は、自分の見た目、他人の見た目、それが良ければOKだからです。

それが良ければ、モチベーションも上がるし、満足する。



トップバストが3cm増えても、アンダーバストが3cm増えていれば
カップサイズは変わりませんよね。


トップバストが1cm増えて、アンダーが1cm減れば、
カップサイズは増えてますよね。


数字が表わすのは、どこまで行ってもそんな感じなのです。


すべてのサイズをきっちりと、定期的に測って記録しているのなら
それはそれでいいです。


トップ、アンダー、鎖骨の中心から、乳首までの距離、左右の乳首の距離
ウエスト、ヒップ、縦にも横にも、縦横無尽にきっちりと採寸して、しかも、同じ条件で。


それならサイズを測って、分析して、サイズに一喜一憂しない素地ができる
のかもしれません。


でも、そんなこと、普通は出来ないです。

だって、朝と晩でもサイズは変わりますから・・・。

よっぽどのヲタか、ヒマヒマな人でない限り・・・


だから、それは重要じゃないんです。


ちがうんですよね。



バストアップに励んで、一生懸命努力して、サイズを測ったとします。

トップは、先月と同じ80cmでした。


あなたは、きっと「あ~、あれだけ努力したのに、全然効果がない」

「もう、やめようかな~」

って思うかもしれません。


でも、アンダーを測ると、実は0.5cm減っていたり・・・

カップサイズは、0.5cmアップしていますよね。


となれば、実際に0.5cmバストアップしているということです。


もっと言えば、トップが減って、アンダーが増えていても、
トップの位置が上がれば、見た目は全然違います。


わずか1cmでも見た目は全然違うんです。


わかりますか?


数字で判断するのならば、トップとアンダーだけ測っても意味がないんです。


全て、出来るだけ同じ条件で測らないと・・・・。



それが出来る人はしたらいいと思います。


でも、出来ない人は、もっと、しっかりと自分のカラダを見て、理解してください。


バストの張り具合、乳首の位置、本当にちょっとした変化かもしれません。

でも、やれば、必ず変わります。

目を凝らして、いろんな角度から、触れてみてください。

おっぱいちゃんの声に耳を傾けてみてください(笑)


小さな変化を見逃さないで♪




やらなけりゃ、バストアップは出来ません。

でも、ちゃんと正しいやり方をすれば、バストアップは本当に可能です。


それが、積もり積もれば、きっちりと、数字でも表れてきます。


これは、間違いありません。

>>オススメ バストアップ法





    
 


ブログパーツ
美しくバストアップ→美乳
ランキングに参加しました♪ >>Ranking 


今年こそはバストアップして、夏に水着を着るぞ!!

と誓って、エクササイズやマッサージをやり出したものの、
気がつけば、ついつい悪い癖

「あ~、今日は疲れた。明日からがんばろう。」


で、気がついたら、もうすぐ6月。

あれれ?今年の夏こそ水着着るんじゃなかったっけ?


あなたは大丈夫ですか?

ダイエットも同じだけど、思ってはいるんだけど、なかなか続かない
って人はきっとたくさんいるのではないでしょうか?

何を隠そう、私も三日坊主女(笑)

計画をたてるのは得意なんだけど、実行するのが苦手(笑)


そんな私でも、がんばって、続けてこれたのってどうしてなんだろ?

と言うことで、少し振りかえってみます。

バストアップ


































バストアップって、きっと続かなくて当たり前だと思います。

何かの本で読んだのだけど、ダイエットが続かないのも当たり前らしい。

うる覚えですが、人間は常に快感を求める生き物なので、
一つのことを続けることが、基本的には苦手なんだとか。

「慣れ」が生じて飽きちゃうみたいです。


これは、バストアップだって同じですよね。



考えると、バストアップでも何でも、三日坊主で終わることが多かった私。


それが、今では自分でもびっくりする程のバストアッパーになっちゃって、
こうやって、偉そうにブログを書くまでになっちゃいました。


じゃあなんで続けられたんだろう?

って考えてみると、もちろん、本当に自分の小さな小さな まな板バストが
嫌だったから、それを克服したい!って強い気持ちはあったのだけれど、

でも、本当に何事も続かない、「根気のない性格」だったのに。




人間は常に快感を求める生き物ということなんですが、
これって、バストアップとは相反することとも言えますよね。


でも、よく考えると「バストアップ」って快感を得やすいと言えると思います。


ダイエットもそうだと思うけど、バストアップって、正しく行えば必ず
成功するものだと思います。
>>正しいマッサージ法


日々、変化を感じ取る。

そして、変化を見逃さないことが大切です。


サイズを測って、変わってなかったら、やっぱりガックリくるので、
見た目とか、感じ方に気をつけて、変化を感じ取るようにするんです。


バストって、ケアしていれば、必ず変化は起こります。


ハリが出てきたり、乳首が若干上を向いたり、
そんな変化を感じ取るんですね。

サイズが変わったって思ったら、測ればいい。


そして、見た目が、ちょっとでも変化して、それを感じ取れれば、
脳にどういうことが起こるかと言うと、


「ドーパミン」が分泌されるんですね。

脳内麻薬です(笑)


モチベーションが上がる。だから、続けられるんです。


でも、バストアップに停滞期はつきものなので、
ドーパミンばかり分泌されると、停滞した時に、
「あきらめモード」に入ってしまいます。


だから、そんな時は、いっそのこと好きなようにしたらいい。
好きなもの食べて、好きなもの買って、遊んで。


そうすれば、心は安定します。


でも、ドーパミンを操作すると、あとの「リバウンド」が怖いですよね。


ここで、セロトニンの登場。


このセロトニンを分泌させれば、ドーパミンが分泌しすぎるのを抑えてくれる
んですね。

だから、心は安定して、且つ、モチベーションを一定に維持してくれるんです。

だから、停滞期も割り切れて、リバウンドも少ない。

セロトニンって大事でしょ。



セロトニンの記事はこちら
>>【裏技】セロトニンを活性化させる魔法



今考えると、この飽き症の私が、バストアップが上手くいったのは、
この辺ですよね。

あとは、「クリアしたらどうなる」「どうする」って事をすっごく想像していました。



私の三日坊主克服法するのって、こんな感じです。





    
 


ブログパーツ
美しくバストアップ→美乳
ランキングに参加しました♪ >>Ranking 




バストアップしたい!!

っちゅうことで、日々、マッサージやバストアップ体操、エクササイズに
励んでいる方。

たくさんいらっしゃるかと思います。


しかも、バストアップ方法ってすっごくたくさんある!


それは、それでとってもいい事なのですが、

もしかして「ながらマッサージ」「ながら体操」「ながらエクササイズ」

してません?????

やらないよりは、マシ。


でも、効果は半減(汗

なんでかな??

バストアップ







































これはね。「脳」が大いに関係してるからなんですね。

心と体は繋がってます。確実に。


だから、心を「込める」か「込めないか」で自ずと結果は違ってくる。



これって、当り前。



何か、エクササイズをする。

例えば、ヒップアップのエクササイズをするときに、

「あ~、今、ここの筋肉に効いてんだな~」

とか、そんな感じ。


ただ単に、エクササイズしてるから、キツイとか、筋肉痛になって
ちょっと嬉しい、とか、それは心がこもってるかじゃないよ(笑)


それでも、思わないよりはマシだけど。


要するに、「どうして、そのエクササイズをしているのか」
って事を把握しているのかしていないかの違い。


把握しようと思えば、やっぱその知識は得ないといけないし。
(単純にこの筋肉はどこにあるのか?程度であっても)


これは、バストでも同じです。


バストアップの為に、「どうしてこれをやるのか」がわからなかったら、
バストアップ出来ると思います??


例え、ちょいとかじっただけでも、全然効果は違う。

まちがいない。


カノンさんのマッサージ。これをするにでも、どうして、このマッサージを
すれば、バストが垂れないのか。

とか、


どうして、このエクササイズでデコルテがふっくらするのか。


とか、考えてやるのと、やらないのとでは、結果に差が出て当たり前。



だって、それを考えていれば、自分でアレンジできるもの。

コツだって掴みやすいし、どこに負荷をかけた方がいいかとか、
どのあたりを重点的にマッサージすればいいのかとか、
わかりますよね。


言葉では伝えきれないところが、わかる為には、
「ながら」じゃだめ。


ちゃんと、おっぱいの事を考えながら、マッサージもバストアップ体操も
エクササイズもやった方が絶対にいいです。


そうだ。


ウォーキングもそうですよ。


リラックするという意味で、ゆったりした音楽を聴きながら
している人もいますが、まあ、そういう意味ではいいのかもしれないけど、

私はリズミカルなものの方がいいと思う。


というのも、ウォーキングに集中しやすいから。


1.2、1.2、ってリズムがありますよね。

これを崩したらダメです。


余計なことはなるべく考えないで、動きに意識を集中させること


これが、女性ホルモンを活性化させたり、セロトニンを分泌させたり・・・


で、バストアップに繋がるんですよね。



「ながら」はダメ!!!!

>>オススメ バストアップ方法




    
   


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。