FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。さくらです


さて、今日は前回の続きです
【前回の記事】
バストが小さいワケ



「90%が脂肪」で、残りの「10%は乳腺」から成り立っている
私たちのバスト 




「バストの脂肪の量」は、「乳腺の発達具合」で決まります



「90%の脂肪量より、10%の乳腺の方が重要」
という、さくらの言葉、
自分で言うのもなんですが、なかなかの格言ですね








さてさて、その大切な「乳腺」ですが、
「乳腺」という言葉でイメージするのは、「母乳」ですよね



確かに、「乳腺」とは「母乳(乳汁)」を分泌するための器官です。




もちろん出産経験のなくても「乳腺」はあります。




乳首の周りを触ってみると、少し固くてコリコリとしたものがありますよね


それが「乳腺」です。



じゃあ、バストの脂肪の量は、乳腺の発達具合で変わるのはなぜ




バストの中の、「たった10%」しかない乳腺だけど、
その乳腺を、より発達させるために必要なものが
「女性ホルモン」なんですねー




そうです。


女性ホルモンが、たくさん分泌されると乳腺も発達します




また、女性ホルモンの分泌量は、「思春期から成人期」が一番多く分泌されます。




女性ホルモンが多く分泌されれぱ、それだけ体に脂肪がついて、
より女性らしい「丸みを帯びた体」へと成長します



結果として、脂肪がバストにも付いて、バストが大きくなるというわけです




なんだか訳がわからなくなっている人、いませんか



とにかく、私たちの体には「女性ホルモンの分泌」が欠かせないんです




つまり



女性ホルモンの分泌が多ければ多いほど、体に脂肪がつきやすくなる
             
脂肪の量が多ければ多いほど、乳腺が発達してバストが大きくなる
             
乳腺が発達すればするほど、バストの脂肪の量も増える



というわけですねー


このように、「乳腺」と「女性ホルモン」、「脂肪」は、
切ってもきれない関係にあるんです
女性ホルモンバストアップ法




次は、「どうすればバストアップできるのか」について、
お話します
つづく
こちらranking






メルマガで重大発表します!!
登録がまだの方は↓から
メルマガ購読・解除ID: 1002330
バストモデルの裏技バストアップマガジン
  
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ






.*:..。o○☆*゜¨゜゜.*:..。o○☆*゜¨゜゜.*:..。o○☆*゜¨゜.*:..。o○☆*

無料特典付きはこちら

おぱい成功者の多いバストアップマニュアルおぱい


1日7秒裏技バストアップ術
          クリックこれはあえて書きません(笑)

元薬剤師が女性ホルモンの知識を活かし遂に導き出した豊胸・バストアップ法
          クリック人気記事

芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法『B-UPガールズ』
          クリックレビュー記事

.*:..。o○☆*゜¨゜゜.*:..。o○☆*゜¨゜゜.*:..。o○☆*゜¨゜.*:..。o○☆*



キラキラ 私はバストアップする為に、より確度の高いバストアップ方法を、
    ここでお伝えしたいなーっと、本気で思っていますかお

   ということで、アンケートご協力お願いしますね絵文字名を入力してください
         あなたの現在の体形を教えてくださーい





皆さまの温かい応援のおかげで
 日本一のバストアップブログ継続中ですかお 
参考になった!って、ちょっとでも、思っていただけたら
応援ポチっとしてやってくださいなあせ
こちら              こちら
      
  
今日も応援2つ ありがとう♪(*^・^)ノ



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。