FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。さくらです


さて、昨日のブログで読者の方から





・・・話が一転しますが、暖を取る手段がなく
体が冷えてどうしようも無い時は、

あっぷるん”や、

さくらさんの特典にあったストレッチをして体を温めていました。
(さすがに寒すぎて、バストマッサージのほうはできませんでしたが…)


暖かい環境では全然気づかなかったのですが、
体が芯から冷えている時は、
特に肩甲骨を寄せるストレッチが大変有効でした。


胸の辺りがすごく温まり、だんだん上半身全体がぽかぽかしてくるのです。


下半身は、スクワットが一番温まりました(^^)


メルマガ配信はデリケートな問題…と言いつつ、
こんな情報を寒さに震えている方々に
伝えて欲しいと思う自分もいます・・・






というようなメールを頂いたって書きましたよね


なので、今日は、自力で温まる方法

「第2弾」です。

以前書いた、メルマガ記事をそのままですが、
転載しますね


 続きも見てネ


   








-------------------------------------------



コンチャ(^-^*)/


バストアップの大前提は、骨盤の開きや歪みを直すことです!!!

なので、まず骨盤を直してから取り組んでくださいね♪




下半身トレーニング第二弾です★

バストアップするためには、
血の巡りや流れを良くすることが、とっても重要です!!!



では、そのためにはどうしたらよいかと考えると、
バスト周りの筋肉はもちろんですが、

最も大きな筋肉が集まっている下半身を鍛える事が
効果が得られやすいと考えられます。




下半身を鍛えるトレーニングといって思いつくのは、スクワット。
じゃないですか??



スクワットは下半身トレーニングの王様と呼ばれる基本運動です。


そのやり方にはバリエーションがあり、
負荷を変えることによって、
筋肉を太くするウェイトトレーニングから、
美容体操まで様々に利用することができます。



■ 肩幅ほど足を広げて立ち、
  両手が軽く身体につくように立つのが
  スクワットの基本姿勢です。


■ そのまま膝を曲げて腰をおとします。


  このとき、かかとが浮き上がらないようにすることがポイント。



■ 上体をまっすぐに伸ばして、
  お腹も引っ込めて、背筋はよい姿勢をキープします。


  このとき、膝をどれだけ曲げるかで負荷がちがってきますが、
  バストアップ前提のスクワットなら、
  腿が地面と30~45度になるところで止める
  クォーター・スクワットで十分です。



■ 屈伸した状態で一秒ほど静止し、もとの姿勢にもどります。


  もとの姿勢にもどるとき、膝を完全にまっすぐ伸ばすと、
  筋肉が休んでしまって負荷にならず
  効果がないので注意してください。



急がなくていいので、膝をまっすぐ伸ばす瞬間がないように、
ゆるやかに連続した動きでスクワットを続けてください。


筋肉をつけるためには筋肉痛になるほどの負荷が最低限必要です。



この運動により、大腿四頭筋・下腿三頭筋・大臀筋・中臀筋が鍛えられます。

大臀筋・中臀筋はお尻の筋肉ですので
ここが鍛えられることにより、ヒップアップ効果もあります。



前屈みでおこなうスクワットは、
身体の裏側の筋肉やインナーマッスルを使わず、
太ももの前の部分だけが肥大するので避けてください。



姿勢には十分注意して、
太ももの裏やお尻の筋肉を意識して行いましょうネ♪


--------------------------------------------


以上のような内容のメルマガを、だいぶ以前にお送りしました。

でも、こんな形に役に立ってるとは。。


本当に冬のような寒さが続きますが、
どうか、皆様、なんとか乗り切ってください。


さくらに出来ることは、継続して行います。







↓たくさんの方にご覧いただけるよう応援お願いします。↓
         


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。