FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美しくバストアップ→美乳
ランキングに参加しました♪ >>Ranking 




バストの下垂れって、思った以上に深刻です。
バストが垂れると、デコルテ部分のお肉をいっしょに下に持っていく
ために、思ってる以上にバストを貧弱に見せてしまいます。


そして、やっかいなのが、小さくても垂れるってことです。



もちろん、バストが大きければ大きいほど、垂れる危険性は上がってきます。


バストの構造は、「乳腺」と「脂肪」、そして「クーパー靭帯」
と呼ばれる線維の束で成り立っています。


乳腺は、ビルでいう柱のような働きをします。


バストに占める乳腺の割合には、もちろん生まれつき個人差がありますが、


乳腺と、バストの土台である大胸筋との間に脂肪が少ない方が、
形は維持しやすいと言うことになります。


バストの下垂は、この乳腺を支えているクーパー靭帯が伸びきってしまうことか
ら生じます。あるいは、切れてしまうことも。


下垂の原因はいくつかあるといわれています。

では、その原因とそれを解消する方法を見ていきましょう。

バストアップ ranking































まず,、「重さ」と「下垂れ」は比例します。


バスト自体が重ければ重いほど、重力の影響を受けやすく、皮膚の伸縮性が低下し、
靭帯も伸びやすく下垂れしてしまうというわけですね。



また加齢とともに下垂れは起こりやすくなります。


ホルモンバランスなどの変化によって、乳腺と脂肪の構成比率や
バストの組織そのものが変化するために、
皮膚も伸縮性、柔軟性が低下し、復元力がなくなるというわけです。


他にも原因があって、ランニングなどの運動によって、


バストが上下左右に大きく揺れたり、


間違ったバストマッサージなど、


これらは、クーパー靭帯を確実に痛めます。


これを長時間、長期に渡り、繰り返すことがバストの下垂れを加速させると
考えられています。



寝ているときのノーブラもこういった理由が当てはまります。



あと、妊娠、出産の時には乳腺や脂肪の構成比率や組織が、かなり変化しますよね。



母乳を作るため乳房の重量が重くなる他にも、乳腺炎などのトラブルが発生しや
すいので、乳腺組織周辺の健康度を低下させていくというのも原因の1つです。



バストの下垂を防ぐためには、まずは


「自分のバストにあったブラで日ごろからバストを支える」


ということが、ひとつ。


「バストマッサージも、ちゃんとした方法で毎日行う」


ということが、ひとつ。


「バストの皮膚表面の水分量を保持するクリームなどを使い
 バストケアを怠らない」



ということが、ひとつ。



これらをきっちりと行なうことによって、下垂れはある程度予防できます。


また、下垂れを直す、すなわち「理想位置」に戻して上げることで、
デコルテ部分にプックリした盛り上がりが出来るわけですから、
当然、バストアップも可能となるわけです。



顔とおんなじです。

バストは普段隠れているから見えないですけど、
そこを、きっちりとケアできているかが、差となって表れるんですね♪


因みにお勧めは・・・

>>バストケアクリーム

>>マッサージ方法




★皆さまの温かい応援のおかげで
日本一のバストアップブログ継続中です。 “o(><)o”


      
  
今日も応援2つ ありがとう♪(*^・^)ノ



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。