FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/17/2009    バストの下垂れ予防法
美しくバストアップ→美乳
ランキングに参加しました♪ >>Ranking 


バストを支える土台は、ご存知のように大胸筋という筋肉です。


大胸筋を鍛えるというのは、バスト自体を大きくするのとは少し違います。

もちろん、土台に厚みが増すことにより、見た目にも変化はあります。


ただ、どちらかと言えば、

バストを支える土台となる大胸筋を鍛え、バストをキープしようという
考え方が正のような気がします。


なので、バストアップ、そして魅力的なバストラインを作るためには、
大胸筋以外にも他の筋肉を鍛える必要もあるんですね。

バストアップ ranking





































例えば、良い姿勢を保つために必要な、肩甲骨。
この周辺の筋肉だって、バストアップ、そして、「見た目美人」を作るためには
欠かせないものです。


では、ハリのある上半身を作るための「ダンベルエクササイズ」を少しご紹介
したいと思います。


もちろん、ダンベルが無ければ、ペットボトルに水や砂を入れたもので
代用してもOKです♪



①まず足を肩幅に開き、お腹とお尻が突き出てしまわないように力を入れます。

  この時、膝は突っ張らないようにしてくださいね。


②ダンベルを握った手を顔の高さに持ち上げ、左右合わせて構えます。
  ゆっくりと息を吐きながら、合わせた手を左右に開きます。

  この時に気をつけてほしいのは、ダンベルを持っている
  手が下がらないようすることです。


③上記に注意しながら、元の位置へと戻ります。

  この動作を20~30回するといいですね。



胸の中のほうに効いているのがわかるはずです。



同じくハリのある上半身を保つエクササイズです。

今度はダンベルは使いません。



①床に四つんばいになるように腕と膝をつき、腕は肩幅に開きます。


②足首を組むように軽く交差して、お腹に力を入れ、背中を真っ直ぐに保ちます。


③その体勢のままゆっくりと腕を曲げ、上体を床に近づけましょう。


④そして胸の筋肉を意識しながら、ゆっくりと上体を上げていきます。


この時に注意することは、上体を上げた際、腕が伸びきってしまわないように、
肘が少し曲がった状態のところで止めます。



この動作の繰り返しです。腕立て伏せと思っていただけたらいいですね。
これも20回ほど行いましょう。


せっかくバストアップして、大きくなっても、そのバストを支えきれないようでは、
勿体無いです。しっかりと鍛えてあげて、基礎代謝もアップさせましょうね♪

>>垂れてしまったバストのバストケア







★皆さまの温かい応援のおかげで
日本一のバストアップブログ継続中です。 “o(><)o”


      
  
今日も応援2つ ありがとう♪(*^・^)ノ



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。