FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/15/2009    マンモグラフィ検診
※私はバストアップする為に、より確度の高いバストアップ方法を、
  ここでお伝えしたいなーっと、本気で思っています(笑)

  ということで、アンケートご協力お願いしますね♪
  >>あなたの現在の体形を教えてくださーい!




私は乳がんの怖さを知っている…といっても、ただ漠然としか知りません。

他人ごとではないと頭ではわかっているのに、「私は大丈夫だろう」なんていう
根拠のない自信を持っているのも事実です。

きっと、皆さんも同じだと思います。

でも、それではいけませんよね。



乳がんになれば、バストを失うどころではなく、命まで失う危険だって
あるんですから。

そうなると、当たり前だけどバストアップどころではないし、
大切な家族や周りの人たちを深い悲しみに陥れてしまうことだって
ありえます。

決して人ごとではありません。

乳がんの検診って、いくつかあります。

バストアップ ranking





























「マンモグラフィ検査」


きっと女性なら、一度や二度は誰でも耳にしたことがあるはずです。




これは、柔らかいバストの状態を写し出すバスト専用のX線撮影のことです。


マンモグラフィでは乳がんはもちろん、バストの病気をかなりの確率で発見できる
と言われている検査です。



触診やセルフチェックでは発見できないような 乳がんの細胞も発見できる
そうです。



乳がんは、主にしこりの状態で発見されることが多いのですが、
しこりの前は石灰化といって、砂粒のように見える状態にあるそうで、
その石灰化の状態であっても、マンモグラフィだったら発見できるということ。


これこそが早期発見ですよね。


この撮影方法ですが、乳房を圧迫板という板でやや強めに押さえ、
平たく引き伸ばします。


これがちょっと痛いんですけど。


乳房は脂肪が多いし厚みもありますよね。


そのまま普通のレントゲンのように撮影すると
乳腺や脂肪、血管などの重なりで、実際に腫瘍があっても写し出されないことが
あるために、こうやってに挟んで撮影するみたい。



ただ、挟むので、検査の時は、自分の体調を考慮した方がいいと思います。


バストが張っていない時期、生理後一週間くらいですか。

その頃を目安に検診しましょうねー。



その際には、制汗剤や制汗パウダーなどは使用してはいけません。


その状態で撮影してしまうと、がんのサインである石灰化に似て写る事も
あるみたいなので、付けずに検診に望みましょうね♪



※私はバストアップする為に、より確度の高いバストアップ方法を、
  ここでお伝えしたいなーっと、本気で思っています(笑)

  ということで、アンケートご協力お願いしますね♪
  >>あなたの現在の体形を教えてくださーい!





★皆さまの温かい応援のおかげで
日本一のバストアップブログ継続中です。 
参考になった!って、ちょっとでも、思っていただけたら
応援ポチっとしてやってくださいな “o(><)o”


      
  
今日も応援2つ ありがとう♪(*^・^)ノ



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。